研究報告について

診察時間を見る

診療時間
9:00~12:00 受付可能 受付可能 受付可能 受付可能 受付可能 受付可能
13:00~17:00 受付可能 受付可能 受付可能 受付可能 受付可能

午前診療受付は11:30まで

午後診療受付は16:30まで

×閉じる

男性更年期・ED・性機能関連研究発表

(前立腺がん(術後など)に対するED関連は別項をご参照ください)

 

 

◆主な学会発表・講演など

  1. 下部尿路症状を有するLOVE症候群に対するTadalafilとテストステロン補充療法の効果
    佐藤嘉一* 中嶋久雄 赤樫圭吾 新田俊一 半澤辰夫 戸邉武蔵 芳賀一徳 内田耕介 本間一也
    第27回 日本性機能学会 学術総会 2016.8.25 大阪
  2. PDE5阻害薬の身体的・精神的効果―下部尿路症状を有するLOVE症候群に対するTadalafilの連日投与の効果―
    佐藤嘉一*
    日本 Men’s Health 医学会・日本臨床泌尿器科医会 合同シンポジウム 2016.7.9 札幌
  3. 中高齢男性の健康とQOL―メンズヘルス(男性更年期)外来の視点から―
    佐藤嘉一*
    第50回 日本理学療法学術大会 2015.6.5 東京
  4. LOH症候群の診断における性機能関連質問項目の可能性
    佐藤嘉一* 中嶋久雄 赤樫圭吾 半澤辰夫 新田俊一 戸邉武蔵 芳賀一徳 内田耕介 本間一也
    第103回 日本泌尿器科学会総会 2015.4.20 金沢
  5. LOH症候群の診断における性機能関連質問項目の可能性
    佐藤嘉一 丹田 均 中嶋久雄 新田俊一 赤樫圭吾 半澤辰夫 戸邉武蔵 芳賀一徳 内田耕介 本間一也
    第24回 日本性機能学会東部総会 2015.2.21 東京
  6. ワークショップ:テストステロン補充療法 ART有効性の判定基準 症状別評価の試み
    佐藤嘉一* 丹田 均 加藤修爾 大西茂樹 中嶋久雄 新田俊一 赤樫圭吾 半澤辰夫 戸邉武蔵 芳賀一徳 内田耕介 本間一也
    第14回 日本メンズヘルス医学会 2014.9.27 大阪
  7. シンポジウム:ホルモン補充療法のエビデンス 性機能障害に対するホルモン補充療法のエビデンス
    佐藤嘉一* 丹田 均 加藤修爾 大西茂樹 中嶋久雄 新田俊一 赤樫圭吾 半澤辰夫 戸邉武蔵 芳賀一徳 内田耕介 本間一也
    第25回 日本性機能学会総会 2014.9.6 仙台
  8. ワークショップ:「射精障害の治療を考える」早漏および突発性射精症に対するα1-Blockerの可能性 - Silodosinを中心に -
    佐藤嘉一* 丹田 均 加藤修爾 大西茂樹 中嶋久雄 新田俊一 赤樫圭吾 半澤辰夫 戸邉武蔵 芳賀一徳 内田耕介 本間一也
    第102回 日本泌尿器科学会 総会 2014.4.26 神戸
  9. Silodosinが有効であったSpontaneous Ejaculationの1例
    佐藤嘉一* 丹田 均 加藤修爾 大西茂樹 中嶋久雄 新田俊一 赤樫圭吾 半澤辰夫 戸邉武蔵 芳賀一徳 内田耕介 本間一也
    第24回 日本性機能学会東部総会 2014.2.22 東京
  10. Symposium 6:Focus on Benign and Malignant Prostate Disorder “EFFECTS OF α1-BLOCKER ON MALE SEXUAL FUNCTION : NEW PERSPECTIVE”.
    Yoshikazu Sato*
    8th Japan-ASEAN Conference on Men’s Health and Aging, November 8th, 2013 Karuizawa
  11. イブニングセミナー:「射精障害の治療を考える」Premature Ejaculationに対するα‐Blockerの可能性 - Silodosinを中心に -
    佐藤嘉一* 丹田 均 加藤修爾 大西茂樹 中嶋久雄 新田俊一 赤樫圭吾 半澤辰夫 戸邉武蔵 芳賀一徳 内田耕介 本間一也 シロドシン共同研究グループ
    第23回 日本性機能学会 東部総会 2013.3.9 仙台
  12. Silodosin, its potential for treating Premature Ejaculation.
    Yoshikazu SATO*, H TANDA, H NAKAJIMA, T NITTA, K AKAGASHI, T HANZAWA, M TOBE, K HAGA, K UCHIDA, I HONMA.
    SIU 2012 Fukuoka: International Society for Sexual Medicine Symposium, Sep. 30th 2012 Fukuoka
  13. Premature Ejaculationに対するSilodosinの効果
    佐藤嘉一* 丹田 均 加藤修爾 大西茂樹 中嶋久雄 新田俊一 赤樫圭吾 半澤辰夫 戸邉武蔵 芳賀一徳 内田耕介 本間一也
    第23回 日本性機能学会 学術総会 2012.9.22.東京
  14. シンポジウム2 インターネット時代における性機能研究の挑戦 Webカンファレンスの力量と将来 - 第21回日本性機能学会東部総会 webプレゼンテーションの経験 -
    佐藤嘉一* 田井俊宏
    第23回 日本性機能学会 学術総会 2012.9.21 東京
  15. Silodosin, its potential for treating Premature Ejaculation.
    Yoshikazu SATO*, H TANDA, H NAKAJIMA, T NITTA, K AKAGASHI, T HANZAWA, M TOBE, K HAGA, K Uchida, I HONMA
    World meeting of sexual medicine 2012 Chicago, Aug.29th 2012, Chicago USA
  16. Premature Ejaculationに対するSilodosinの可能性
    佐藤嘉一* 丹田 均 加藤修爾 大西茂樹 中嶋久雄 新田俊一 赤樫圭吾 半澤辰夫 戸邉武蔵 芳賀一徳 内田耕介 本間一也
    第386回 日本泌尿器科学会北海道地方会 2012.6.9 札幌
  17. シンポジウム2-6「Men’s Health診療への期待」性行動調節におけるアンドロゲンの役割 - その機序および加齢による影響 -
    佐藤嘉一*
    第100回 日本泌尿器科学会総会 2012.4.22 横浜
  18. Symposium 9:LOH Management of undefined complains in self-referred patients for LOH syndrome in term of men’s health.
    Yoshikazu SATO*
    6th Japan-Asean Conference on Men’s Health & Aging, July 2nd 2011, Kamakura
  19. IS ISOLATED ACTH DEFICIENCY: A SIGNIFICANT DISEASE IN DIFFERENCIAL DIAGNOSIS FOR LATE ONSET HYPOGONADISM (LOH) SYNDROME ? TWO CASE REPORTS
    Yoshikazu SATO*, Hitoshi TANDA, Shuji KATO, Shigeki OHNISHI, Hisao NAKAJIMA, Toshikazu NITTA, Keigo AKAGASHI, Tatsuo HANZAWA, Musashi TOBE, Kazunori HAGA, Kousuke UCIDA, Ichiya HONMA.
    The 14th world meeting of ISSM, 2010.9.24, Seoul. Korea
  20. 「Aging maleにおける諸問題」「Aging maleと うつ」
    佐藤嘉一* 丹田 均
    第74回 日本泌尿器科学会東部総会 2009.10.29 松本
  21. ランチョンセミナー 男性ホルモンと男性性機能
    佐藤嘉一*
    第19回日本性機能学会東部総会 2009.2.21 長野
  22. 男性更年期障害 ーその臨床的意義と可能性ー
    佐藤嘉一* 丹田 均
    日本心身医学会北海道支部 第18回教育講習会 2008.2.24 札幌
  23. ED治療のゴールゆたかなカップルライフを目指してEDへのスローセラピー
    佐藤嘉一*
    2007.7.29 仙台
  24. 男性更年期障害の患者さん・ED患者さんをこんなふうに診ています
    佐藤嘉一* 丹田 均
    函館泌尿器科会 学術講演会 2007.2.20 函館
  25. シンポジウム:『男性更年期障害の現状と将来』 泌尿器科の立場から LOH症候群の診断治療の問題点
    佐藤嘉一* 丹田 均 加藤修爾 大西茂樹 中嶋久雄 南部明民 新田俊一 小六幹夫 赤樫圭吾 半澤辰夫
    第4回 性差医療・医学研究会 第4回学術集会 2007.2.11 東京
  26. Symposium 1:Male and Psychosomatics: IMPORTANCE MANAGEMENT OF MILD DEPRESSION IN THE LATE-ONSET HYPOGONADISM
    Yoshikazu SATO*, Hitoshi TANDA
    The 12th Congress of the Asian College of Psychosomatic Medicine,24th November 2006, Melbourne Australia
  27. 精神科領域からみた男性更年期 1.泌尿器科医の立場より
    佐藤嘉一* 丹田 均 加藤修爾 大西茂樹 中嶋久雄 南部明民 新田俊一 小六幹夫 赤樫圭吾 半澤辰夫
    第5回 日本Aging Male研究会 2005.11.26 東京
  28. APSSIR Satellite Symposium:Issues and challenges of Men’s health in Asia Pacific Do PDE5 Inhibitors Meet the Needs of the Elderly?
    Yoshikazu SATO*, Hitoshi TANDA and Hiroki HORITA.
    3rd meeting of Asia Pacific Society for the study on Aging male, Jan 25th-28th 2005, Chiangmai Thailand.
  29. Direct effects of testosterone on ICP elicited by electrical stimulation of the MPOA in male rats.
    Yoshikazu Sato*, Hitoshi Tanda, Noriyoshi Suzuki, Shinichi Hisasue, Taiji tsukamoto.
    The 100th annual meeting of the American Urological Association, May 24th 2005, San Antonio USA
  30. イブニングセミナー:PADAM 最近の知見とその病態の解明にむけて 「男性更年期外来に臨床的意義はあるか?」
    佐藤嘉一*
    第14回 日本性機能学会 中部総会 2004.7.3 京都
  31. パネルディスカッション2 戦争を知らない世代の高齢化を考える -これから迎える高齢化にどのように備えるか- 高齢男性に対するホルモン補充の有用性 -いつまでも若々しい男性であるために-
    佐藤嘉一* 丹田 均
    第17回 老年泌尿器科学会 2004.5.29 金沢
  32. EDの分子病態 -新しい知見から- 1.中枢局在物質の意義
    佐藤嘉一* 丹田 均
    第92回 日本泌尿器科学会総会 2004.4.11 大阪
  33. Our Clinical Experience of Diagnosis and Treatment for PADAM
    Yoshikazu SATO*, Hitoshi TANDA, Shyuji KATO, Shigeki OHNISHI, Hisao NAKAJIMA, Akihito NANBU, Toshikazu NITTA, Mikio KOROKU, Keigo AKAGASHI, Tatsuo HANZAWA.
    The 4th world congress on the aging male. Feb 26th 2004, Prague Czech Republic
  34. Our clinical experience for diagnosis and treatment of PADAM
    Yoshikazu SATO*, Hitoshi TANDA
    The 1st NESIR, Apr 23rd 2004, Seoul, Korea
  35. これから始まるAging Male 対策 Our clinical experience for diagnosis and treatment of PADAM
    Yoshikazu SATO*
    第53回 日本泌尿器科学会 中部総会 2003.10.31 金沢
  36. 男性更年期の心身医学 男性更年期障害に対する泌尿器科的アプローチ -主にPADAMの観点から-
    佐藤嘉一*
    第44回 日本心身医学会総会 2003.5.8 宜野湾
  37. Plenary Lecture: ROLE OF ANDROGENS AND CENTRAL NEUROTRANSMITTERS IN ERECTILE FUNCTION
    Yoshikazu Sato*
    10th World Congress of the International Society for Sexual and Impotence Research meeting, Sep 23rd 2002, Montreal Canada
  38. 中枢機能とED治療基礎研究の観点から
    佐藤嘉一*
    大阪ED研究会 2002.11.21 大阪
  39. シンポジウム:勃起障害の予防医学 -現状と展望-
    佐藤嘉一* 舛森直哉 塚本泰司 丹田 均
    第90回 日本泌尿器科学会 2002.4 東京

 

 

◆主な論文・総説など

  1. ライフステージにおけるメンズヘルス:─中高齢者における健康とQOL ─
    佐藤嘉一*
    理学療法学 42(8), 693-694, 2015
  2. 2.LOH症候群の診断基準 第14回日本Men’s Health医学界記録 ワークショップ「テストステロン補充療法有効性の判定基準」
    佐藤嘉一*
    泌尿器外科 2015;28:72-3.
  3. テストステロンと性機能 特集 LOH症候群診療?最近の進歩
    佐藤嘉一*
    臨床泌尿器科 2015;69:32-9.
  4. Editorial Comment from Dr Sato to Resiniferatoxin for treatment of lifelong premature ejaculation: a preliminary study.
    Sato Y*.
    Int J Urol. 2014;21(9):926-7
  5. Editorial Comment from Dr Sato to Relationship between plasma melatonin levels and the efficacy of selective serotonin reuptake inhibitors treatment on premature ejaculation.
    Sato Y*.
    Int J Urol. 2014;21(9):920
  6. Silodosin improved spontaneous ejaculation induced by mental strain.
    Sato Y*.
    Int J Urol. 2014;21(9):841.
  7. 前立腺全摘除術後患者に対するMasturbation device : EGGの使用経験 : Penile rehabilitationとしての可能性Masturbation Device (EGG) as a New Penile Rehabilitation Tool : A Pilot Study
    佐藤嘉一*, 丹田 均, 中嶋久雄, 新田俊一, 赤樫圭吾, 半澤辰夫, 戸邉武蔵, 芳賀一徳, 内田耕介, 本間一也
    泌尿器科紀要 2013;59(5):271-275
  8. Silodosin and its potential for treating premature ejaculation: A preliminary report.
    Sato Y*, Tanda H, Nakajima H, Nitta T, Akagashi K, Hanzawa T, Tobe M, Haga K, Uchida K, Honma I.
    Int J Urol. 2012;19: 268-72.
  9. Isolated ACTH deficiency in self referred patients for LOH
    Sato Y*, Tanda H, Nakajima H, Nitta T, Akagashi K, Hanzawa T, Tobe M, Haga K, Uchida K, Honma I.
    Reprod Med Biol. 2012;11:155-58
  10. 性機能不全をきたす薬剤性機能不全をきたす薬剤 特集 薬剤投与と泌尿器科的副作用―泌尿器科医の必須知識
    佐藤嘉一*
    臨床泌尿器科2012;66:583-9
  11. 性腺機能低下を伴うED  診断と治療 特集 ED診療のコツ 私はこうしている
    佐藤嘉一*
    臨床泌尿器科2011;65:385-391
  12. International Index of Erectile Function(IIEF)およびその短縮版であるIIEF5の新しい日本語訳の作成
    木元康介* 池田俊也 永尾光一 丸茂 健 辻村 晃 近藤宣幸 吉田正貴 佐藤嘉一
    日本性機能学会雑誌2009;24:295-308
  13. 内科的精査にて診断がつかず男性更年期外来を受診したACTH単独欠損症の1例
    佐藤嘉一* 丹田 均 加藤修爾 大西茂樹 中嶋久雄 新田俊一 赤樫圭吾 半澤辰夫
    泌尿器科紀要2008;54:573-75
  14. Late Onset Hypogonadism (LOH)症候群診療の手引き(ガイドライン)に基づいた男性更年期外来受診患者および健康成人男性における遊離型テストステロン値およびAging Male Symptom (AMS)スコアの解析 (日本性機能学会賞受賞論文)
    佐藤嘉一* 丹田 均 加藤修爾 大西茂樹 中嶋久雄 新田俊一 赤樫圭吾 半澤辰夫
    日本性機能学会雑誌 2008;23:1-9.
  15. How long do patients with erectile dysfunction continue to use sildenafil citrate? Dropout rate from treatment course as outcome in real life.
    Sato Y*, Tanda H, Kato S, Onishi S, Nitta T, Koroku M.
    Int J Urol. 2007;14:339-42.
  16. Prevalence of major depressive disorder in self-referred patients in a late onset hypogonadism clinic.
    Sato Y*, Tanda H, Kato S, Onishi S, Nakajima H, Nanbu A, Nitta T, Koroku M, Akagashi K, Hanzawa T.
    Int J Impot Res. 2007;19:407-410
  17. Suzuki N*, Sato Y, Hisasue SI, Kato R, Suzuki K, Tsukamoto T.
    Effect of testosterone on intracavernous pressure elicited with electrical stimulation of the medial preoptic area and cavernous nerve in male rats.
    J Androl. 2007;28:218-22
  18. Serum testosterone level using the radioimmunoassay method in healthy Japanese male volunteers.
    Sato Y*, Nanbu A,Tanda H, Kato S, Onishi S, Nakajima H, Nitta T, Koroku M, Akagashi K, Hanzawa T.
    Reprouctive Medicine and Biology 2006;5:37-41
  19. Shimizu T*, Hisasue S, Sato Y, Kato R, Kobayashi K, Tsukamoto T.
    Erectile dysfunction following nerve-sparing radical retropubic prostatectomy and its treatment with sildenafil.
    Int J Urol. 2005;12(6):552-7.
  20. Suetomi T*, Hisasue S, Sato Y, Tabata Y, Akaza H, Tsukamoto T.
    Effect of basic fibroblast growth factor incorporating gelatin microspheres on erectile function in the diabetic rat.
    J Urol. 2005;173:1423-8.
  21. Prevalence of female sexual dysfunction symptoms and its relationship to quality of life: a Japanese female cohort study.
    Hisasue S*, Kumamoto Y, Sato Y, Masumori N, Horita H, Kato R, Kobayashi K, Hashimoto K, Yamashita N, Itoh N.
    Urology. 2005; 65:143-8.
  22. Cavernous nerve reconstruction with a biodegradable conduit graft and collagen sponge in the rat.
    Hisasue S*, Kato R, Sato Y, Suetomi T, Tabata Y, Tsukamoto T.
    J Urol. 2005; 173: 286-91.
  23. 前立腺がん患者に対する内分泌療法時のQOL変化について -性機能および性的負担感を中心に-
    佐藤嘉一* 丹田 均 加藤修爾 大西茂樹 中嶋久雄 南部明民 新田俊一 小六幹夫 赤樫圭吾 半澤辰夫
    札幌市医師会医学雑誌 2005;30:223-4.
  24. 特集 aging male Late-onset hypogonadism/PADAMという立場から 男性更年期障害の臨床症状の分析と治療効果
    佐藤嘉一*
    Geriat.Med 2005;43:259-262.
  25. 男性・女性の更年期を診る 第1部 中高年男性と更年期医学 男性更年期障害の総合的治療
    佐藤嘉一* 丹田 均
    性差と医療. 2005;23:861-5.
  26. 泌尿器科の立場から男性更年期障害の治療を考える 第4回日本aging male研究会記録 男性更年期の治療学を考える
    佐藤嘉一* 丹田 均
    泌尿器外科 2005:1088-1092
  27. 勃起の分子機序とED アンドロロジー診療の基本と進歩
    佐藤嘉一* 丹田 均
    Urology View 3. 2005;6:9-14.
  28. 男性更年期外来受診患者の自覚症状および内分泌所見の分析
    佐藤嘉一* 加藤修爾 大西茂樹 中嶋久雄 南部明民 新田俊一 小六幹夫 赤樫圭吾 半澤 辰 加藤隆一 久末伸一 舛森直哉 伊藤直樹 塚本泰司 丹田 均
    日本泌尿器科学会雑誌 2004;95:8-16.
  29. 特集:男性更年期!?の心とからだ 男性更年期障害の治療 薬物療法を中心に
    佐藤嘉一* 丹田 均
    ストレスと臨床 2004;20:34-37
  30. 男性ホルモン補充療法の適応と問題点
    佐藤嘉一* 丹田 均
    総合臨床2004;53:451-7
  31. 男性ホルモン補充療法の適応と問題点
    佐藤嘉一* 丹田 均
    総合臨床2004;53:451-457.
  32. 男性更年期障害の治療:男性ホルモン補充療法 特集これから始まるaging male対策
    佐藤嘉一* 丹田 均
    Urology View 2. 2004;1:63-8.
  33. Cavernous nerve injury elicits GAP-43 mRNA expression but not regeneration of injured pelvic ganglion neurons.
    Kato R*, Kiryu-Seo S, Sato Y, Hisasue S, Tsukamoto T, Kiyama H.
    Brain Res. 2003;986:166-73
  34. Direct evidence of facilitative actions of dopamine in the medial preoptic area on reflexive and noncontact erections in male rats.
    Adachi H*, Sato Y, Kato R, Hisasue S, Suzuki K, Masumori N, Itoh N, Tsukamoto T.
    J Urol. 2003;169:386-9.
  35. 三樹会泌尿器科病院におけるPGE1 ICI testとIC自己注射療法 -sildenafil無効例および禁忌症例に対する検討-
    佐藤嘉一* 丹田 均 加藤修爾 大西茂樹 中嶋久雄 南部明民 新田俊一 小六幹夫 赤樫圭吾 半澤辰夫 加藤隆一 久末伸一 鈴木一弘
    日本性機能学会雑誌. 2003;18:219-224.
  36. ED-経口ED治療薬出現移行の進展② EDと中枢神経機構
    佐藤嘉一*
    医学のあゆみ201, 401-404, 2002
  37. 加齢による男性ホルモン低下とその影響 総合診療医・家庭医のための勃起障害(ED)対応マニュアル
    佐藤嘉一*
    治療. 2002;84:2812-17.
  38. 尿道・陰茎の手術③ 陰茎の手術 疾患・治療別だからわかる・役立つ 解剖と生理の知識
    佐藤嘉一*
    ウロ・ナーシング2002;7:1084-8.
  39. EDの原因および危険因子
    佐藤嘉一*
    バイアグラ処方の新しい展望 石井延久監修 2002;59-71

 

最新のESWL治療

ESWL(体外衝撃波砕石術)の日帰り・一泊治療も可能になりました